下田 ‐ 建築史研究室

筑波大学 世界遺産専攻 下田一太研究室のブログです

ボロブドゥール遺跡の建築・地盤調査

インドネシア,ボロブドゥール遺跡は1970年代から1983年にかけて大々的な修復工事が行われました。その後30年が経過し,先の修復工事の経過観測と追加工事のための調査が昨年より行われています。
約1500面にも至る仏教図浮彫の劣化が進行していることが明らかとなっており,これをいかにして食い止めるかが重要な課題です。

ドイツ政府の支援によりユネスコは研究事業・保存処置を進めていますが,日本からは主に基礎を含む遺構の構造研究のための専門家派遣が実施されています。
今回は8月19日より27日にかけて5名の日本人専門家(建築・地盤工学・測量)が現地調査を行いました。

130827_1.jpg

今回の調査では主に以下の課題に取り組みました。

(1-1)1983年より毎年実施されている測量機器による経年挙動変化の方法の見直し
130827_2.jpg


(1-2) 既存のローカル座標による測量網の地球座標系化
130827_3.jpg


(1-3)トータルステーションによる構造体への直接測量による挙動観測手法の提案
130827_4.jpg

(2-1)既存の壁体傾斜・ボーリング孔の傾斜測量データの解析

(2-2)GPSによる連続測量と傾斜計による挙動観測体制の確立
130827_5.jpg

130827_6.jpg

(3)既往の修復によって埋設された排水溝の稼働効率を把握するための試験的な観測システムの設置
130827_7.jpg

ミッション期間中にはインドネシアの保存修復専門家養成のためのトレーニングプログラムも実施され,国内各地の文化局から派遣されたスタッフに対して講義をする機会もありました。
130827_8.jpg

各種観測計器の取り付けにあたっては,遺構の形状や現地で確保できる材料にもとづいて,現場合わせで準備を進める箇所も多く,設置までの各ステップで様々な困難がありましたが,なんとか最終日には全ての計器をとりつけ,データの回収方法などを現地のボロブドゥール保存センターの局員に伝えるところまで完了しました。
130827_9.jpg

次回は今年度中の雨季に再度訪れて調査・観測を継続する予定です。(下田)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する