下田 ‐ 建築史研究室

筑波大学 世界遺産専攻 下田一太研究室のブログです

暴走ヘリ

サンボー・プレイ・クック遺跡群での発掘調査と同時並行で都城区内の航空写真の撮影も試みました。
リモコンヘリにカメラを取り付けて飛ばし、上空から都城区の写真を撮影し、土地の起伏や遺構の分布をより広域かつ鮮明に把握しようとするものです。

アンコール遺跡でのベン・トム貯水池調査に引き続き、大阪市立大学の原口先生と防災地質研究所の吉永さんに協力いただきました。

ヘリ1

ヘリ2
暴走直前

ヘリ3
巨大なアブのような音を発して飛ぶヘリコプターに驚く地元の子供たち

今回はリモコンヘリがコントロール不能に陥るというトラブルがありましたが、複数回におよぶ飛行によってかなり広域での撮影ができました。
撮影された写真群から写真測量の技術によって三次元モデルを作成し,遺跡の分布と併せて地形や植生分布を把握します。

ヘリ4
上空からの写真

ヘリ6
作成された三次元モデル

今後は暴走するリモコンヘリを飼い慣らし,さらに調査エリアを拡張していきたいと考えています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する