下田 ‐ 建築史研究室

筑波大学 世界遺産専攻 下田一太研究室のブログです

ボーリング孔から基壇内部調査

ボロブドゥールでのユネスコ調査ミッションは昨年に始まり4回目になりますが,今回は基壇内部の水分状態の測定が主な調査目的です。

2012年6月の最初の調査では,過去の修復工事記録の収集と現在進められている保存センターによる各種モニタリングデータの把握が目的でした。
2012年12月の2回目の調査では,トータルステーション等による測量機器を利用した基準点の計測やノンプリズム型の測量での挙動観測方法の提案を行いました。またフィルターレイヤーと呼ばれる基壇内部の透水性の膜をCCDカメラで観察することも目的としました。
2013年8月の調査では,測量機器による挙動観測の見直し方法について包括的な調査を行い,改善方法の提案を行いました。また,長期設置型のGPSや傾斜計を遺構各所に取り付けて,精度の高い局所的な挙動観測を開始しました。さらに雨量計や温湿度計を各所にとりつけ,また降雨時の排水量計測の観測機器を設置しました。

こうした経過を経て,今回4回目の調査となりましたが,基壇内部の状態を解明しようという今回の調査は極めて困難な課題です。石積みと過去の修復時のRC補強構造が内部には埋設されており,この内側はブラックボックスのような状況となっています。

このブラックボックスの内側を観察するための,かすかな希望が,いくつか残された小さなのぞき穴です。つまり,過去の修復時に穿孔したボーリングの孔があるのです。
現在は12本の孔が観測用に残されており,保存センターの専門家もこれらの孔を利用して地下水位の観測やボーリング孔の傾斜観測を行っています。
DSC00076.jpg


これまでのそうした保存センターによる観測結果をふまえて,今回はケーシングの外側,つまり基壇内部の状況を探ることを目的としました。というのも,ケーシング内の水位観測からは季節変動が明瞭ではなく,基壇内部の水分挙動が捉えられていない可能性が高いためです。
DSC00085.jpg
DSC00075.jpg
(保存センターによって行われている地下水位と傾斜観測)


今回の調査では,放射性同位体元素から放出する放射線と,石や土中の物質を構成する原子との相互作用を利用して,基壇内部の密度と水分量を計測する機器を使用します。

密度はガンマ線を利用し,水分量は中性子を利用します。
プローブをケーシングの中に下ろし,10cmもしくは20cm毎の深さで計測を行っていきました。
今後,各種校正が必要となりますが,興味深い結果が得られつつあります。
DSC00125.jpg


今回は雨季真っただ中にて,毎日午後になると滝のような雨に打たれ,なかなか観測がはかどりません。
加えて,プローブが孔内で詰まって抜けなくなったりと,試練の多い修行のような調査となりました。
ボロブドゥールの内に秘めた静かなる精神世界を覗き見るのは容易ではないようです。。。
DSC00113.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する