下田 ‐ 建築史研究室

筑波大学 世界遺産専攻 下田一太研究室のブログです

インドネシア ニアス島の村落群調査

インドネシア,スマトラ島の西にあるニアスという小島の伝統的民家群の調査が9月16日より22日にかけて行われました。調査代表である筑波大学の上北恭史先生をはじめとして,建築史,建築構造,環境デザイン等の先生や学生約10名のメンバーで実施されました。

ニアス島は南北約100kmの大きさですが,北部・中部・南部にそれぞれ特徴的な村落が分布しています。中でも今回はまとまった集落が残されている南部の村落を訪れました。その中でも最も規模が大きいバヴォマタルオ村が調査の主対象です。

130922_1.jpg


T字型の大通りに面して多数の伝統家屋が保存されていますが,中でも村の中心に位置する首長の家〈オモセブア〉は規模・装飾性の上で圧巻です。全高は約23mにもおよび,長さ4mの密集した太い束柱が巨大な壁体と屋根を持ち上げています。もともと,インドネシアの伝統家屋は船の構造や船大工の影響が残されていると考えられるものがありますが,まさにこの家屋を目前にすると巨艦に呑まれるような迫力です。

130922_2.jpg

家屋の前には多数の平石や石柱の巨石記念物が置かれています。これらの巨石は祖先の行った祭宴の記念に置かれたもので,家屋の格を示すと考えられています。かつてこれらの村落には厳格な階級制がありましたが,貴族層の家屋にとっては特に重要な家系の威信を示すものであったようです。

130922_3.jpg

室内には天井が張られておらず,床上から棟材まで約19mの小屋裏は悠遠の空間を感じます。この薄暗い空間には祖先神が漂っているとも考えられています。特徴的なファサードに面した張り出し窓の室内側は長い腰掛椅子になっていて,光と風が抜ける心地よい空間です。屋根の一部を持ち上げる特徴的な窓もまた室内の奥まで光を届けます。
室内の柱や壁体には精緻な装飾が施されていますが,西洋的なモチーフも混ざっており,これらの家屋が建てられて当時にオランダの影響が既に色濃かったことを示しています。

130922_4.jpg

通り沿いにはオモセブアと同型ながらも規模を小さくした民家〈オモハダ〉が立ち並び,生活感が家屋からじわりとはみ出てきます。暑い日中には住民は室内でじっと息をひそめながら,窓から外をうかがっていますが,朝夕の涼しい時間には通りに出てきて村全体が賑やかになります。

130922_4_2.jpg

130922_5.jpg


オモセブアの前には石造の跳び箱があり,本来は成人儀礼として高さ2m以上もある跳躍の儀式が行われていました。目の前に立つと見上げる高さで,踏み石があるとはいうものの,これを飛び越えるためには相当な訓練が必要であることが容易に想像されます。跳躍補助の器具など当然ない中で,これを初めて飛び越えた瞬間は,自他ともに一人前の成人と認めるに十分以上の達成感であることでしょう。

130922_6.jpg


子供たちは小さい頃より遊びの中で少しずつ鍛錬を積み重ね,いつかくる大きな壁を目前とする日に一歩ずつ近づいていきます。現在ではこの跳躍が儀礼の一部として生きているのかどうか定かではありませんが,少なくとも一日に数回,観光客への見世物として伝統衣装に身を包んだ青年がパフォーマンスを行なっています。こうした形で独特の文化が伝えられている現実を村民はどのように受け止めているのでしょうか。

130922_7.jpg

130922_8.jpg

130922_9.jpg


村落は尾根上に長く伸び,急な階段や坂道を登り切った先にあります。周囲10km程の範囲には複数の村落が点在しており,それらは往時,敵対する関係にありました。村落は防衛のためにこうした急斜面の上に築かれ,周囲には木柵が巡らされていたといいます。
観光地化されつつあるいくつかの村では,車ですぐ傍まで寄ることができますが,その他の村は今でも長い坂道を登らなくてはなりません。しかしながら,それらの村にも道路整備が進みつつあります。外部世界の波は強くなるばかりです。

130922_10.jpg

130922_11.jpg


村落内の家屋は徐々に新たな材料に改変され,当初の景観は失われつつあります。大きなパラボラアンテナ,電柱,バイク,カラフルな広告等が村落内には侵入しています。家屋の使われ方にも変化が進みつつあります。高床の床下を掘り込んで居住スペースや商店を増築した例も多数に上ります。

130922_12.jpg

130922_13.jpg

130922_14.jpg

130922_15.jpg


こうした変化の中で村をどのようにして保存したらよいのでしょうか。住民は新しい生活様式を望んでいます。私たちのような部外者が伝統的な様式の保存を強いることができるのかどうか。

威信材を家の前に並べるこの村民達は,彼らの生活様式に対する誇りを一部にはまだ持ち,その独自の生活様式を内側からも理解していますが,全面的にそうした古式の生活を保持したいわけではありません。
どこで折り合いをつけて,村と家屋の形式と彼らの生活を保存すればよいのか。もしかしたら,どこまで保存すべきか,ではなくて,住民がどうやって新しい生活文化を導入するか,という方向で考える必要があるのかもしれません。(下田)

130922_16.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する