下田 ‐ 建築史研究室

筑波大学 世界遺産専攻 下田一太研究室のブログです

釈尊出城の場面 ギメ美術館

パリでの学会ついでにギメ東洋美術館を訪れました。東南アジアの造形芸術の研究をする上では,何度来ても新たな発見のある美術館です。

今回はボロブドゥールから来たこともあって,仏教美術に目がとまります。特に仏伝図の各場面が中国,インド,西アジア等,様々なサイトで刻まれた経過が館内に点在している様子に気づかされました。

先のブログで紹介した仏伝図の一つのクライマックス「出城の場面」ですが,他地域の仏教史蹟においても多彩な構成で表現されています。
130902_1.jpg
(インド アマラヴァティ様式 2世紀)

130902_2.jpg
(パキスタン ガンダーラ 1~3世紀)

2世紀インドでは,まだ仏陀の姿は彫刻されていませんが,差し掛けられた傘蓋がその存在を確実に表現しています。
ガンダーラの正面から乗馬する姿をとらえたこの場面,仏陀の出城にかける強い意志が正面から鋭く私たちに訴えかける迫力ある作品です。(下田)


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する