下田 ‐ 建築史研究室

筑波大学 世界遺産専攻 下田一太研究室のブログです

今年度より筑波大学に帰任しました

今年度より筑波大学に帰任しました。
2016年1月より2019年3月まで,文化庁にて文化財調査官として勤務し,3年3か月間ぶりに大学に帰任いたしました。
文化庁では世界文化遺産室に所属し,世界遺産の新規申請と既に登録されている世界遺産の保存管理等の業務を担当しました。
3年前に異動した直後には,世界遺産に申請していた「長崎の潜伏キリシタン遺跡」の取り下げに関する検討をしている最中でもあり,世界遺産にかかる業務の重圧を痛感する日々でありました。
その後,私が勤めている期間には,ル・コルビュジエの建築作品(国立西洋美術館),沖ノ島,長崎の潜伏キリシタン遺跡が世界遺産に登録され,長年にわたり世界遺産登録に精魂込めて尽くしてきた自治体担当者,地元関係者,有識者の方々の喜びの場に居合わせることができたのは幸せな経験となりました。
複数の自治体が世界遺産の登録に向けて今も検討を継続されていますが,それぞれが明確で正しい答えのない世界遺産の推薦書作成にあたっての様々な困難と長い道のりであります。しかし,それだからこそ,これまでには不確かであり,ややもすれば分かりにくく専門的にすぎる遺産の重要性を鋭く端的に描き出すに至るのでしょう。
世界遺産への登録には功罪もあるかもしれませんが,登録の過程にあたって,できるだけそれらの文化遺産とその周辺環境にとってその後の長期にわたっても有益なものとなるよう,工夫していくことが必要であり,そのために少しでも貢献できればと思いつつ業務に勤めてきました。
登録された世界遺産にあっても,国内の保護法とはやや異なるスタンダードを要請されることもあり,国際的な遺跡保護の理念と,国内での保護体系との間での調整に苦労することがあったように感じます。国際的な動向を受け止め,柔軟に導入していくために少しずつですが,変化が求められますし,またそれによって国内の保護のあり方が発展してきた事実もあると思いますし,同時に日本が培ってきた文化財の保護に関する考え方を丁寧に世界に発信していくことも必要でしょう。
この三年間余では,様々な課題を認識することでほぼ精一杯であり,こうした課題を解消するために寄与できた部分はごく限られたものでありましたが,今後時間をかけてそれらに向き合っていきたいと思います。

スポンサーサイト



PageTop

第一期ゼミ生卒業

このたび,下田研究室の第一期ゼミ生となる学生が卒業式を迎えました。
2年間という短い修士の時間を濃厚・濃密に堪能しつくそうとする彼らの貪欲な姿勢に,教員としてのスタートの時期を支えられたところが大きかったと感じます。
卒業おめでとう!

150408_1.jpg

150408_2.jpg

PageTop

キッズ・ユニバーシティー

4月19日(土)に、第55回科学技術週間 筑波大学科学技術週間(キッズ・ユニバーシティ)の一環として下田先生が講義を行いました。
題目は「世界遺産を科学しよう!」ということで、会場には小学生1年生から中学校2年生まで、幅広い学年のお子さんたちとその保護者の方々が集まってくださり、改めて「世界遺産」の認知度の高さを感じました。
講義前半は世界遺産とは何か、クイズ等も織り交ぜながら、大学の講義さながらに話をし、参加者の小中学生だけでなく、保護者の方々も熱心に聞き入っている姿が印象的でした。

P4199272-1.jpg

kid1.jpg

講義後半は、世界遺産をはじめとする文化財を保存する技術のひとつとして「測量」を実際に行いました。
手足を使った「人体尺」で教室の大きさを計り、巻き尺を使って答えあわせをしました。さらにレーザー距離計を用いてより高度な科学技術を体験していただきました。

kid2.jpg

P4199294-1.jpg


最後に、世界遺産であるカンボジアのアンコール遺跡群の調査でも実際に使用されている三次元レーザーを用いて、教室全体と参加者みなさんを計測しました。
さらに、この三次元レーザーをヘリコプターに載せて上空から地上を計測する技術を用いることで明らかになったアンコール遺跡群の密林の中に埋もれた都市の痕跡について紹介しました。深い森の中から都市の痕跡が浮かび上がった様子に、参加者の子供たちからも驚きの声があがりました。


歴史と文化の結晶である世界遺産を守るためには、たくさんの人力と、最先端の科学技術が用いられていることが今回の体験を通じてわかっていただけたかと思います。
今回の参加者の中から、未来の研究者が生まれるのではないかとわくわくさせていただいた講義でした。

(文責:世界遺産専攻修士2年 井上美優)

キッズ・ユニバーシティーについては以下の大学サイトに紹介があります。
http://www.tsukuba.ac.jp/news/n201404211612.html

PageTop

NHKにてカンボジア演習の一カット

1月12日夜9時(翌13日に再放送),NHK BSのエルムンドという海外で活躍する日本人を紹介する番組にてカンボジアで活動する3人が紹介されました。NHKエルムンド
そのうち一人が,先月海外演習にてサンボー・プレイ・クックの紹介をしてくださった吉川舞さんで,演習時の一場面が番組中に放映されました。

201401122330000.jpg

新しい遺跡ツーリズムを目指した吉川さんの活動紹介で,地域に深く入り込み,遺跡だけではなく,住民生活や地域自然なども交え,地域の人たちが観光客に直接コミットして活動する場を形成しようとする試みが報道されました。

現地ではけっこう長くカメラが回り,個別インタビューを受けた学生もいましたが,残念ながらカットされてしまったようで。。。でも,カメラが入って少し緊張感があって良かったかもしれませんね。

PageTop

カンボジア演習 その3

カンボジア演習はシェムリアップに入り,世界遺産アンコール遺跡群における修復活動の各サイトを見学してまわりました。
日本国政府アンコール遺跡救済チームの事業事務所の見学に始まり,バイヨン(日本),バプーオン(フランス),王宮前広場,タ・ケオ(中国),プレ・ルプ(イタリア),プノン・バケン(アメリカ),タ・プロム(インド),アンコール・ワット(ドイツ等),バンテアイ・スレイ(スイス)の各遺跡を訪れ,アンコール遺跡と一言でいっても,多様な建材・構造・立地にある遺構があり,それぞれに異なる歴史的価値がある対象に対して,どのような保存・開発の介入がありえるのか,考える機会になったことと思います。

DSCF9344.jpg

DSCF9265.jpg


また,トンレサップ湖の湖畔で杭上・水上生活をしている村落の見学もまた今回の演習の印象的な記憶の一コマとなってことでしょう。

DSCF9417.jpg

DSCF9544.jpg

DSCF9584.jpg

PageTop