下田 ‐ 建築史研究室

筑波大学 世界遺産専攻 下田一太研究室のブログです

今年度より筑波大学に帰任しました

今年度より筑波大学に帰任しました。
2016年1月より2019年3月まで,文化庁にて文化財調査官として勤務し,3年3か月間ぶりに大学に帰任いたしました。
文化庁では世界文化遺産室に所属し,世界遺産の新規申請と既に登録されている世界遺産の保存管理等の業務を担当しました。
3年前に異動した直後には,世界遺産に申請していた「長崎の潜伏キリシタン遺跡」の取り下げに関する検討をしている最中でもあり,世界遺産にかかる業務の重圧を痛感する日々でありました。
その後,私が勤めている期間には,ル・コルビュジエの建築作品(国立西洋美術館),沖ノ島,長崎の潜伏キリシタン遺跡が世界遺産に登録され,長年にわたり世界遺産登録に精魂込めて尽くしてきた自治体担当者,地元関係者,有識者の方々の喜びの場に居合わせることができたのは幸せな経験となりました。
複数の自治体が世界遺産の登録に向けて今も検討を継続されていますが,それぞれが明確で正しい答えのない世界遺産の推薦書作成にあたっての様々な困難と長い道のりであります。しかし,それだからこそ,これまでには不確かであり,ややもすれば分かりにくく専門的にすぎる遺産の重要性を鋭く端的に描き出すに至るのでしょう。
世界遺産への登録には功罪もあるかもしれませんが,登録の過程にあたって,できるだけそれらの文化遺産とその周辺環境にとってその後の長期にわたっても有益なものとなるよう,工夫していくことが必要であり,そのために少しでも貢献できればと思いつつ業務に勤めてきました。
登録された世界遺産にあっても,国内の保護法とはやや異なるスタンダードを要請されることもあり,国際的な遺跡保護の理念と,国内での保護体系との間での調整に苦労することがあったように感じます。国際的な動向を受け止め,柔軟に導入していくために少しずつですが,変化が求められますし,またそれによって国内の保護のあり方が発展してきた事実もあると思いますし,同時に日本が培ってきた文化財の保護に関する考え方を丁寧に世界に発信していくことも必要でしょう。
この三年間余では,様々な課題を認識することでほぼ精一杯であり,こうした課題を解消するために寄与できた部分はごく限られたものでありましたが,今後時間をかけてそれらに向き合っていきたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop

煉瓦積みの中に確認された砂岩板による補強

サンボープレイクック遺跡群の北寺院主祠堂の修復工事を進めています。
7世紀に建立されたと考えられている煉瓦造の遺構で,数年前から修復を続けていますが,今年度末の完成を目指して急ピッチでの作業です。

IMG_3555.jpg

写真の足場上方にブルーシートをかけた作業場では,建物上面で緩んでいる煉瓦層を部分的に解体し,それらを再設置して強化する処置が進められていますが,この作業において,砂岩板が補強のために挟み込まれていることが確認されました。

こうした砂岩板が挟み込まれている例は,クメール建築の煉瓦造遺構では他にも例があり,このサンボープレイクック遺跡群でも大型の祠堂では認められますし,アンコール遺跡群でもロリュオスのプレア・コー寺院などで見られます。
ただ,この祠堂で特徴的だったのは,外壁に対して斜めに砂岩板を配置していたという点です。
たしかに,同じ大きさの砂岩板を建物の隅部に設置するのであれば,この方が有利であろうと想像できますが,こうした設置の仕方に当時の工人たちはなんとなく気持ち悪さを感じなかったのかと,疑問に思ったりもします。

IMG_3569.jpg

その他にも,今回の修復工事では建物上部の煉瓦積みの中に,見えない小スペースを扉開口部の上方に設けて,空隙をとって荷重を分散させる仕組みが発見されるなど,工事をしてみて初めて分かった事実も少なくありません。
面白いものです。

IMG_3578.jpg


この祠堂が立つテラスの周辺では発掘調査を進めており,できれば今年末までには四周全ての堆積土砂のクリアランスを終えたいと考えていますが,果たして間に合うかどうか。。。作業を効率化するための方法を検討しています。

修復工事とテラスの整備が終われば,この寺院の中心エリアが見違えるようになるだろう!と期待しています。
今年度が最後になる科研調査の最後に,遺跡へのお返しをこうした形でできればと思っています。

PageTop

サンボープレイクック遺跡群での人材育成事業

サンボー・プレイ・クック遺跡群では国際交流基金からの支援をいただき,本年度から人材育成事業を開始しました。
第一回目のプログラムを8月後半の2週間にて実施しました。
研修の内容について,こちらのサイトに紹介をしましたので,ぜひご覧になってください。

研修を通じて,カンボジアの学生の能力の高さを改めて実感しました。先月は日本からの学生を引率し,カンボジア人大学生と協同で学びの場を設けましたが,その際にも日本とカンボジアの学生とでは異なる方向で能力が発揮されていることを強く感じました。
グループで物事に取り組むときの連携の取り方や,成果を短時間でうまく表現して発表できる点,それから数日の徹夜などは厭わない点など,カンボジアの学生は優秀であるように思います。
ただ,参加した学生の専門が違いましたので,そうした専門的なバックグラウンドの差が出ているのかもしれません。
現場での教育プログラムは楽しいものです。。

PageTop

第一期ゼミ生卒業

このたび,下田研究室の第一期ゼミ生となる学生が卒業式を迎えました。
2年間という短い修士の時間を濃厚・濃密に堪能しつくそうとする彼らの貪欲な姿勢に,教員としてのスタートの時期を支えられたところが大きかったと感じます。
卒業おめでとう!

150408_1.jpg

150408_2.jpg

PageTop

イーシャナプラの都城中央マウンド調査(2)

2月末から3月にかけて,サンボー・プレイ・クック遺跡群の都城地区の中央に位置するM90と番付されたマウンドにおいて発掘調査を行いました。このマウンドは,南北に約80m,東西に30m,高さ約3mと,都城内ではひときわ大きな規模を有するもので,重要な施設であったことがうかがわれます。
約2週間の調査を無事に終えました。

01_M90 aerial

03_.jpg


マウンド内にはラテライトと煉瓦よりなる遺構が良好な状態で残されていることが確認されました。マウンドの規模に対して,調査ができた範囲は限られてるため,その全体像は定かではありませんが,高さ2m程のラテライトの擁壁に囲まれた南北に長い方形遺構がまずあり,一度この遺構が放棄された後に,この上面に新たに煉瓦遺構,あるいは煉瓦を基礎とした木造遺構が造られたようです。

遺構の基礎内部や周辺からは多数の土器が出土し,多くはプレ・アンコール期の特徴を良く示すものであったため,この遺跡群の最盛期とされる7世紀の利用の痕跡が認められたものと考えられます。

カンボジアの3,4月は大変な暑さでしたが,約25名の住民参加とプノンペンからの大学生,そして日本人学生等も含めた約35名で充実した成果があげられたと思います。

39.jpg

DSCF7022.jpg

drink.jpg

遺構の全容解明のために,今後のさらなる調査を予定しています。

PageTop